石川県小松市にある白内障・緑内障・
網膜硝子体疾患の日帰り手術に対応する施設

2023.03.30

近視進行の予測に有用なソフトウエアを北陸初導入しました!!

当院は開院以来、日帰り手術などと共に、小児の近視抑制治療にも積極的に力を入れてきました。

近視の多くは軸性近視であり、眼軸長(眼の奥行き)の進展を抑制できれば近視の進行の抑制につながるとされており、屈折検査と共に眼軸長の測定は近視抑制の治療効果の評価をするためには必須です。

このたび、小児の近視進行(眼軸長進展)をより正確に解析できるトレンド解析ソフトウェア「Axial Manager™」を当院は北陸で初導入いたしました!!

 

当院で採用している光学式眼軸長測定装置(OA2000)に追加したソフトウエアですが、文部科学省による令和3年度 児童生徒の近視実態調査のデータを解析し、小中学生の眼軸長パーセントタイル曲線を表示することが可能となりました。

 

これにより、①今までは治療効果の判定が数字の羅列で分かりづらかったが、グラフ化することにより眼軸長の変化量や治療効果の判定が一目でわかりやすくなる、②近視の進行予測を確認することができる、③同学年の子と比べて眼軸長が長いかどうかわかりやすい などといったメリットがあります。

眼軸長データを医師だけではなく、患者様やその親御様にも共有することによって、近視抑制治療のモチベーションの維持にもつながると期待されます。

< ニュース一覧に戻る